衆院選が公示 甘利明候補が13回目の挑戦

 衆院選が19日公示され、12日間の選挙戦がスタートしました。自公連立政権を信任するのか。立憲・共産などの野党連合による政権を選ぶのか、日本の将来を決める大切な選挙です。新型コロナ対策や経済政策も争点なっています。


 自民党の政権公約は党本部のサイト(https://special.jimin.jp/political_promise/)でダウンロードすることができます。自民党の実績はこちら(https://special.jimin.jp/political_promise/infographic/)から読めます。是非ご覧ください。


 大和市連合支部の顧問を務める甘利明候補(https://special.jimin.jp/candidate/100383.html)は、神奈川県第13選挙区の公認候補として、13回目の当選を目指します。このほど発足した岸田政権において自民党幹事長に就任し、国政のキーマン的存在です。


 藤代優也支部長(県議会議員)以下、支部に所属する議員団も、甘利候補の当選と自民党の党勢拡大を目指して、全力で選挙戦を戦って参ります。


 写真は、大和駅頭で行われた19日夜の出陣式の様子です。



Recent Posts